ニュージーランドでECE(幼稚園・保育園)の先生になってみた♡

Haeremai/Welcome to my blog in Aotearoa New Zealand♡

ニュージーランドでスマホを買うも、手に入るまでに・・・。

Thank you for visiting my blog♡
いつも読んでくださっていてありがとうございます♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

Kia ora,

 

数日前のブログで、

スマートフォンが壊れたために不携帯生活になっていたことを書きました。

www.aroha-nz.com

 

そこで触れていたように、

今回はなぜ約1週間も携帯がなかったのか、

ニュージーランドらしいお店事情による点が大きかったので、

そのあたりについて紹介しますね。

 

 

今回はニュージーランドで2回目の携帯購入だったため、

前回オークランドVodafoneで初めて買った時から引き続きSIMカードは使えるということで、

電気店に行くことにしました。

 

ニュージーランドの電化製品店といえば、

JB Hi-Fi、

Harvey Norman、

Noel Leeming、

そして物によりThe Warehouseなどが選択肢に入るかな?

f:id:kiwipukeko:20191005160306j:image

オークランドにいた頃は、

AlbanyショッピングモールやWairau Valleyにそれらのお店が集中していたので、

お店間の比較をすることが多かったです。

 

お店によっては最安値保証をしていて、

交渉次第で割引してくれることも。

 

でも、今は車を持っていなくてお店回りが面倒で徒歩圏内に抑えたかったのと、

先生の資格の証明書となるTeacher Registration Cardを提示すると

割引が効く場合もある唯一の電化製品店がNoel Leemingなため、

そこに行きました。

(iPhone本体は割引効かないけれど、もし合わせてケースや画面カバーを買うなら割引価格に!)

 

事前に確認したNoel Leemingのオンラインストアでは

欲しかったiPhone 8の在庫があったけれど、

訪れたお店には在庫がなかったため、

街の向こう側の系列店舗からの取り寄せに。

 

その日が土曜日で、

お店への配送予定が月曜日。

 

「着いたらテキストするねー」と言われたけれど、

スマホの電源さえ付かなくてテキストを見られないため、

メールアドレスにメッセージを送ってもらうようにお願いしていました。

 

そのメールがくる予定だったのが、火曜日。

 

でも、メールが・・・来ない。

 

ま、ニュージーランドではそういう細かい作業を後回しにされることが多いから、

「直接店舗に行って確認してみよう!」と

仕事帰り(5:40pm頃)にお店に着くと

もうお店が5:30pmで閉まってた!!

 

閉まるの早い!!!

 

万が一開けてくれないかな〜と笑顔を送ってみるも、

その直後にスタッフさんたちが

「おつかれ〜い、イェーイ!仕事終わったー!」みたいな感じで

ワイワイと退勤してきました。

 

 

そこで、メールを待つこと、プラス1日。

 

翌日水曜日。

 

メール、まだ来ない。

 

もう完全に私のスマホはお店に到着しているよね…?

 

そして、その水曜日も、お店が閉まるのは5:30pm。

 

閉まるの早すぎて仕事後間に合わないー!

 

 

でも、ちょうど良いことに、

体調があまりよくなくて、

翌日木曜日は仕事を休む気満々でした。

 

そして、これもまたタイミングが良いことに、

クラスの先生たちみんな疲れ切っていて

みんな揃ってtake it easyな感じで子どもたちと教室で和んでいた頃、

マネジャーが「特に用事ないけどただsay Hiするために来た〜!」とクラスにひょこひょこ〜と顔を出しに来てくれました!

 

そこで、私から直接

「あんまり体調良くなくて、でも携帯なくていつもみたいに翌朝の連絡ができないから迷ってるんだけど、明日仕事休んでいい?」とマネジャーに軽く相談してみると、

あっさりOKをもらえました!

 

代わりに入ってくれるリリーバーの先生を早速見つけてくれて、

木曜日は気兼ねなく身体休みをさせてもらえることに!

 

こうやって、休みを簡単に取らせてもらえる職場で良かった!!

 

この休みを利用してぐっすり朝は睡眠を取ったのち、

不携帯生活6日目にやっと新しい携帯をゲットすることに。

 

メールを一切送ってくれなかったことについて店員さんからは何も言われず、

お店側のレシートにサインをして、

一瞬で手渡してくれました。

 

ゆるくて、適当なニュージーランド

 

無駄を省いた効率的な仕事をしている、と、ポジティブにも捉えられるかな…?