ニュージーランドでECE(幼稚園・保育園)の先生になってみた♡

Haeremai/Welcome to my blog in Aotearoa New Zealand♡

Kiwiから学ぶ言語☆

Thank you for visiting my blog♡
いつも読んでくださっていてありがとうございます♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

Kia ora,

 

今朝、幼稚園で子どもたちが絵本を読んで~と

私のところにやってきました♡

 

絵本を読むのが昔から好きだった私、

英語の絵本は時々発音がうまくできなかったり、

動物の英語での鳴き声に自信がなかったり、

韻を踏んでいるような表現の時に舌が回らなかったり、

いろいろ大変なこともあるのですが・・・

 

なんせ私のクラスの2歳半~3歳半の子どもたちは

まだ単語が読めないから

ダメだしをされることもなく、

自分なりに頑張ってそれっぽく読んでいます♪

 

で、

今日一番の挑戦は、

マオリ語ですべて書かれている絵本!

 

マオリ語は母音がA E I O Uで成り立っているから、

あいうえお文化の日本人にとっては

そのままローマ字読みをすればほぼOK!

 

だからそのように読み始めていたら、

ちょうどその時に子どものDrop offをしていたニュージーランド人のパパから、

優しいご指導がありました^^

 

詳しいことまでよく覚えていないけれど、

たぶん私が"haere rā / Goodbye"のあたりを読んでいた時に、

本当の発音はこうだよ~~みたいなアドバイスをいただきました。

 

その内容は、私がローマ字読みの癖でRの言葉をLと発音していたこと。

 

そりゃそうですよね。

たとえローマ字読みに近くても、

マオリ語のRは英語のRのように発音するべきでした・・・。

 

英語でのRなら、「気をつけるべき!」と頭に染み込んでいて、

それが発音にもなるべく繋がるように頑張っているけれど、

マオリ語は日本語に似ているから~~と、油断していました。

 

ニュージーランドの国語のひとつがマオリ語だから、

マオリ語を使う機会は幼稚園でもかなりあるけれど、

今後RとLの発音、英語と同じく気をつけていきます!!

f:id:kiwipukeko:20190116155323j:plain

 

あと、

さっきフラットメイトたちと週末の予定の話をしていた時に、

フラットメイトが競馬に行く予定なんだ~とルンルンに話していました♪

 

そこで、もし勝ったら、

" I'll be laughing all the way to the bank!!"とのこと。

 

「あ~、銀行ににこにこ気分で向かうことになるんだろなー」と

そのままの意味でまず受け取ったのですが、

これはちゃんとしたIdiom/慣用句らしい!☆

 

フラットメイトが、これは儲かって嬉しい時だけでなく、

予想以上に安くなにかをゲットできて嬉しい時にも使える表現だよ~と

教えてくれました!

 

彼が競馬後にlaughing all the way bankになりますように☆★